日焼けの赤み・痛みの治し方|アフターケアで日焼け知らずの肌に戻そう

美容・健康

スポンサーリンク

✓ 日焼けで顔が赤くなってしまった
✓ 日焼けしたところがヒリヒリして痛い
✓ 日焼けの赤み・痛みを治したい

こんな日焼けトラブルに悩まされている方に向けて、「日焼けの赤み・痛みの治し方」を詳しく解説していきます。

今回紹介する「4stepのアフターケア」を完璧に行えば、日焼けの赤み・痛みを抑えるのはもちろん、肌が真っ黒になるのも防げます!

うっかり日焼けしてしまった方は、ぜひチェックしてみてください。

<この記事で分かること>
・日焼けの赤み・痛みの原因
・赤み・痛みの治し方
・4stepの正しいアフターケア

 

日焼けの赤み・痛みの原因

日焼けには2種類あるのをご存じですか?

日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーンsunburn)と、人体の色素のメラニンが皮膚表面に色素沈着すること(サンタンsun tanning)である[1]。サンバーンでは日焼けから2-6時間後には赤くなり次第に痛みを増し、しばしば後日に皮剥けを起こすが、サンタンは数日後に見られやや遅い。(wikipedia参照)

つまり、肌がやけどの状態になる「サンバーン」により赤みやヒリヒリする痛みが 現れます。

そして、その後にはメラニンが増加する「サンタン」により肌が黒くなってしまいます。

 

では、これらの日焼けによる症状を緩和する「4stepのアフターケア」を解説していきますね。

 

日焼けの赤み・痛みの治し方

日焼けの赤み・痛みを治すためには、「アフターケア」をしっかりと行うことが大切です。

今回紹介する「4stepのアフターケア」は、毎年日焼けに悩まされていた私が、日焼け知らずの肌に戻るきっかけとなったものです。

1つずつのケアを十分に行えば、日焼けの赤み・痛みを抑えられ、肌が真っ黒になってしまうのも防げます よ。

 

アフターケアstep①すぐに冷やして赤みを治す

日焼けしてしまったら、できるだけすぐに冷やしましょう

なぜなら、日焼けで赤みが出てしまうのは、肌がやけどしている状態だから。

✓ 濡らしたタオルや氷水で冷やす
✓ 保冷剤をタオルに巻いて患部に当てる
✓ 冷たいシャワーで患部を冷やす

このような方法で、日焼け直後から、赤みが落ち着くまで冷やしてください。(数日間かかる場合もあります。)

 

<お風呂は入っていいの?>
赤みが治るまで、湯船につかるのはNG。数日間かかる場合もありますが、お風呂はシャワーだけにして、患部を温めないように徹底すると赤みが早く治ります。

 

アフターケアstep②冷やした後は保湿を入念に行う

しっかりと冷やした後は、保湿を入念に行いましょう。

なぜなら、日焼けした肌は水分が奪われて、乾燥した状態になっているから。

✓ 化粧水でたっぷりと水分を与える
✓ 乳液やクリームで潤いを閉じ込める
✓ ボディローションで全身をケアする
✓ 水を飲んで体内の水分も補給する

このような方法で、日焼けで奪われた水分を補給しましょう。

 

ボディーローション持ってない方は人気の「M-mark」がおすすめ

 

日焼け当日は肌に負担をかけないように、優しく保湿してあげることが大切です。フェイスパックなど特別なケアは、赤みが完全に治るまでは控えましょう

 

アフターケアstep③赤みが落ち着いたら美白アイテムを使う

赤みが治り、肌が落ち着いてきたら、美白アイテムを使いましょう。(←このstepを飛ばす方が多いですが、とても重要なところ。効果が全然違います。)

なぜなら、肌を黒くする「メラニン」の増加を防ぎシミ・そばかすなどをできにくくする必要があるからです。

✓ 美白効果のある化粧水・乳液を使う
✓ 美白美容液を使用する
✓ 美白効果のあるフェイスパックを使う

このような方法で、肌が真っ黒になるのを防ぐために美白アイテムを使用するようにしましょう。

 

美白アイテムを持っていない方は「美白+UVケア+化粧下地の1品3役【美白日中用美容液】」がおすすめ。

肌に優しいノンケミカル設計なので、日焼けした後の化粧下地としてお肌にぴったりです。

将来シミに悩んで治療するよることを考えると、効果のある美白アイテムで1,980円はとてもオトク!

ぜひ美白アイテムの効果を実感してほしいです。


美白アイテムをオトクに試してみる
美白+UVケア+化粧下地の1品3役【美白日中用美容液】

 

食事で内面から美白を意識するのも効果的です。ビタミンC・A・Eなどをサプリメントや野菜・フルーツから摂取するように心がけましょう。ビタミン類は抗酸化作用が日焼けによる肌への影響を抑えてくれます。

 

アフターケアstep④さらなる日焼けを防止する

これ以上肌へのダメージを増やさないように、日焼け対策を万全にしましょう。

なぜなら、シミの原因は日焼けの積み重ねによるものだから。

✓ メイクの前に日焼け止めをしっかりと塗る
✓ SPF値やPA値の高い日焼け止めを選ぶ
✓ 2時間おきに日焼け止めを塗りなおす
✓ 日焼け防止グッズを活用する

このようなことに十分に気をつけて、これ以上日焼けしないように対策をしましょう。

 

絶対にもう焼きたくない!という方には、やっぱり人気のアネッサがおすすめです。

 

海やアウトドアで紫外線を多く浴びる方は、「NALCパーフェクトウォータープルーフ」が断トツにおすすめですよ。


 

日焼けの赤み・痛みはアフターケアで治そう

日焼けの赤み・痛みは、肌がやけどした状態だから起こるもの です。

「4stepのアフターケア」を意識して、赤み・痛みはもちろん、肌が真っ黒になることも防ぎましょう。

<4stepのアフターケア>
step ①すぐに冷やして赤みを治す
step ②冷やした後は保湿を入念に行う
step ③赤みが落ち着いたら美白アイテムを使う
step ④さらなる日焼けを防止する

 

【おすすめの関連記事】

【大学生の遊び】夏休みにおすすめのアウトドア13選|人気スポットも紹介!
✓ 夏休み何するか計画中の大学生 ✓ 楽しい遊びが大好きな大学生 ✓ アウトドア大好きの大学生 以上の方に向け...
【ミュゼ】100円脱毛のからくりを徹底的に調べて分かった仕組み
ミュゼの100円脱毛って電車広告などでよく見かけますよね? ✓ ミュゼって本当に100円なの??? ✓ ...
リバウンドしないダイエット方法3選|食事制限なしで痩せやすい体を作ろう
✓ ダイエットしてもリバウンドしてしまう ✓ リバウンドしないダイエットをしたい ✓ 食事制限に耐えられない ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました